給湯器の交換や取り付けの体験談

給湯器をノーリツ製品に交換しました

15年使用した給湯器がついに故障

現在の家に引っ越した当初から、およそ15年物間使い続けた給湯器がついに故障。

数週間前からシャワーの勢いが弱く、お湯の温度の設定が効いておらず調子が悪かったのです。

ネットで調べてみると、給湯器は10年を過ぎると修理ができないのだとか。

15年使っていたら修理なんてできないでしょうし、壊れたら新しい給湯器に交換しなければ、と考えていた矢先にお湯が全く出てこなくなってしまいました。

季節は秋ごろ。

冬までに給湯器を買い替えなければ、寒くて辛い思いをするのは自分と家族です。

重い腰を上げて、給湯器の交換を決断しました。

新しい給湯器はノーリツ製に決定

まずはメーカーごとに比較

新しい給湯器を探すべく、あらゆるメーカーのカタログを入手して熟考。

しかし、性能や号数などはメーカーごとに大きな違いはなく、交換費用や耐用年数なども変わらないようです。

どれでもいい、というのは性格に合わない。

パソコンなども駆使して自分に合う給湯器のメーカーを探しました。

ノーリツを選んだ理由

悩んだ末に、ノーリツのものに交換することにしました。

ノーリツに決めた大きな理由としては、知名度が高く信頼性の高いメーカーだったからです。

そして、カタログを見てみますと、リモコンの操作パネルがシンプルかつ操作しやすそうという印象を受けました。

デザイン性の高さも決め手の一つというわけです。

ノーリツにしかない給湯器を発見

また、調べていくうちに、独自の製品を発見。

オートとフルオートといった追い焚き付きの給湯器はどこのメーカーでも取り扱っていますが、ノーリツにはプレミアムという新商品がありました。

このプレミアムタイプ、浴槽内のUV除菌機能が搭載された優れものです。

家内が若干潔癖気味かつもうすぐ第一子が産まれる為、我々にとって非常に魅力のある性能ではありませんか。

家内の希望もあり、ノーリツのプレミアムの24号に決定です。

給湯器にも省エネ対応の商品がある

給湯器もエコの時代ということらしく、交換を依頼した業者の人に聞きますと、エコタイプとなるエコジョーズといった商品もあるのだそう。

エコジョーズのものになりますと、ガス料金が下がるだけでなく二酸化炭素が削減されて環境にも配慮されているとのことです。

プレミアムにもエコジョーズ対応の給湯器があるらしいので、そちらに変更です。

これは実際に使用してみないと分からないことですので、使用するのが楽しみになってきました。

専門業者を呼んで、給湯器を交換してもらう

ついに給湯器を15年間使い続けたものから新しいノーリツのものに交換する時が来ました。

電話したその日に現場調査に来てもらい、2日後に工事の予約を取ります。

交換自体は2時間半くらいで終わり、案外早いものだと少々驚きました。

交換したノーリツの給湯器について

リモコンのパネルは、想像通りにシンプルなデザインとなっており、無駄を省いたデザインです。

いたずらにボタンが多数付いているのではなく、普段よく使うボタンが分かりやすい位置に配置されていますので、操作性が良いと感じました。

あとでノーリツのサイトをみると、グッドデザイン賞を獲得しているのだとか。

リモコンのカバーを開けてみますと、その中には詳細設定が可能なボタンが配置されていますので、カスタマイズできる楽しみもあるのだと感じました。

エコ具合が目で確認できる

面白いと思ったのは、どれくらいエコになっているかをチェックできる機能です。

これで、実際にエコの表示を確認しながら使用してみると、エコに対して興味が湧くようになりました。

目視で確認できると、楽しんでエコ生活を送ることもできるようです。

光熱費が思ったより安くなった

そして、ノーリツの給湯器に交換してから1ヶ月後、ガス料金を見てみますと、以前よりも約2割程度安くなっていました。

光熱費を抑えることが出来るのは有難いことです。

月々の額としてはそこまで大きくはないように感じられますが、給湯器は10年以上使用しますからね。

長期間使用することを考えるとランニングコストの削減は必須です。

エコで光熱費を節約できる上に機能性も優れていますから、ノーリツの給湯器に交換して良かったと感じています。

ノーリツの給湯器の感想

端的に言うと、かなり満足。

普段意識することのない給湯器ですが、意識することが少ないからこそ良い製品選びが重要になると思います。